KITECLUB沖縄
  • 【スクール】 【体験】 【販売】

カイトボードスクール・沖縄カイトボーディング紹介・カイトサーフィン販売・SUP・パドルサーフィンレッスン

ブログ一覧

ストラップレスサーフスタイル!!16.1.19

2016年1月19日│ブログ一覧 日々ブログ

カイトボードの新しいスタイルの一つ

「ストラップレスサーフスタイル!!!」

っと言われても「何!?」ってなっちゃうので先ずは以下の動画見て下さい!
ライダーはnorthカイト所属の「タイチさん」

今回はその中でも非常に難易度の高い「ノーマルエアー」の解説をタイチさんより伝授頂いたので、
ブログ内でもご紹介いたします!!!

<ストラップレスサーフボードのカイトのパワーを使わないノーマルエアーの飛び方>

まずサーフボードが足から離れない理由は

オーリーの反発が大きい!
進行風に当ててる!(自分が進む勢いで受ける風)ちなみに動画はほぼコレです。
空中でカイトのパワーを使うノーマルエアーです)
風に当ててる!(自然の風の力)

まずカイトサイズは5から9位が解りやすい。12から最大カイトになるほど難しいです。

カイトはジャストからジャストオーバーくらい。
アンダーだとトップスピードが出しずらい!
オーバーだと自分だけジャンプになりやすい!

条件 この動画位の平水面〜それ以上!
小さい波でも掘れてる波なら飛びやすい!
大きな波で掘れてる波ほど高さは稼ぎやすいが始めの感覚を掴むのは難しくなるので50センチ以下の掘れた波がオススメ。

エアーの流れ!
・トップスピードをつける!
・カイトの位置は11時くらい!
・オーリーをかける突入ラインはトップスピードを付けるラインからアップウィンドウを取るラインの半分いかないくらい。←重要!
・ツインチップトリックと同じラインでオーリーをかけるとスグにサーフボードが足から離れるか、カイトにパワーが入った瞬間に自分だけジャンプになる!
・平水面でも少しでもほれてる場所でオーリー!

ここからは空中の話
このオーリーをした瞬間、しっかり進行方向側の足を引き付け(進行方向側の膝を上げる、曲げる、引き込む)サーフボードがオーリーの勢いで縦になる位、45度以上!←重要
この時、後ろ足を少し風上側へ持って行けるとサーフボードのノーズがカイト方向に向いて足から離れずらい!←重要!

オーリーで空中に飛び出した瞬間にフルデパワー!
フルデパワーしても基本カイト方向に引っ張られて行くのでノーズはカイト方向に向かせるべき!

着地と同時かその少し前にカイトのパワーを入れて着地をマイルドにしつつ走行パワーを得る!
練習始めは空中でバーを引き込まない方が解りやすい!
スピードとオーリーの勢いのみでサーフボードを付いて来させる軌道を確立させた方が良いと思います!(ヤクルトジャンプでも良い!勿論それ以上でも!)

カイトに引っ張られる方向に(空中でカイトにパワーを入れなくても)サーフボードのノーズが向いていれば足からサーフボードが離れずらい!
この時に風が強ければ強い程、風上側へもサーフボードを向ける!←重要!
風弱いほどカイト側にサーフボードを向ける!←重要!

サーフボードが重力で落ちて行くスピードより早いスピードで自分が落ちれば、落下時も裏風を当て続けサーフボードが離れずらい!

着地の瞬間にカイトを振りつつバーを引き込む!

 

上記の内容いまだ僕も上手く出来ず苦戦中ですが、これを理解し出来る用になったら相当マニアックになれること間違いなしですよ!!!